• soraumikidz

英語Tips 1 段階的な継続学習の重要性


そらうみKIDZのレプトンクラスに興味を持ってくださり、本当にありがとうございます。

コミュニケーションできる英語を本気で習得するための効果的な学習スタイル、それを支えるレプトンの教材、そらうみKIDZ独自の方法について今日から10回に分けてお伝えします。

第1回目は、【段階的な継続学習の重要性】についてお話しします。

〜最低2,400時間の英語学習が必要〜 英語でのコミュニケーション能力は、英語と接触する時間に比例して上達します。その時間とは一体どのぐらい必要なのでしょうか? 日本人がネイティブと対等にコミュニケーションできる英語力を身につけるためには、最低2,400時間の英語学習が必要である、というのが最近の定説になっています。それにもかかわらず、小学校〜高校での英語の授業時間をすべて合わせても1,000時間ほどにしかならないのです。

〜英語は勉強ではなく“トレーニング” 〜 学校での英語学習では足りないのだから、家庭学習も含め自主的に取り組んでいく必要があります。でも、英語=勉強ではありません。 サッカーやスイミングのようなスポーツ、ピアノのような楽器、車の運転は基本の型を繰り返し練習し、身体が勝手に動くようになるまでトレーニングしますよね。 英語も同じく技能教育なので、トレーニングして身につけます。英語の基本を体で覚えれば、一生使える技能になります。レプトンが勉強ではなくトレーニング教材となっている仕組みはまた後日詳しくお話ししますね。

〜段階的に必要な技能を身につける〜

幼児や小学生の子どもたちでも楽しく意欲的に、そして何より自分にあったレベルやペースで英語学習を長期間続けられることが大切です。 レプトンでは、そのために必要なカリキュラムや段階別のテキストを81冊そろえています。81冊を完全制覇するためには、月1冊ずつ取り組むペースで6年ほどかかります。目標までの道しるべとなるレプトンロードマップに沿って進めていきます。 単語の学習量を見てみましょう。文科省の検定教科書に沿って中学 3 年間で習う単語数は 1,300 程度です。それに対し、レプトンで習う単語数は 7747 語と圧倒的な量を習得できます。

また、ご家庭のパソコンやタブレットで単語学習ができるeラーニングをレプトン会員様には無料でご提供しています。お子さまがゲーム感覚で楽しめるものです。

子どもたち一人ひとりにとってベストな英語教育や学習法は異なりますが、必要な時間をかけ、適切な環境で、お子さまにあったやり方を続ければ、英語は必ず上達します。長い目で共にお子さまの成長を見守りましょう!


開室日

月・火・木・金

15:30〜19:45

※水曜・土曜は

無料体験レッスンのみ

ID: @soraumikidz

最新情報配信中!

〒253-0052 
神奈川県茅ヶ崎市幸町16-6

茅ヶ崎駅南口より徒歩5分